1. 京都の産婦人科なら身原病院
  2. MIHARA's Kitchen

MIHARA's Kitchen

豆野菜

2021.06.28   栄養

 ジャンルを問わずに味わえるオールマイティーな野菜「さやいんげん」。

“料理の名脇役”なんてイメージがありますが、疲労回復に効くビタミンB₁が和牛肩ロースと同量も含まれ、また抗酸化作用の強いβ―カロテンはレタスのおよそ3倍以上も含まれているそうです。

 

 

 さやいんげんは生育が早く、一年に三度も収穫ができることから、関西では「さんどまめ(三度豆)」とも呼ばれています。さやいんげんは、いんげん豆の若いさやつきのもので、さやと豆を丸ごと食べられるため、豆と野菜の長所を併せもっています。

 

●選び方

 色艶がよく、さやの先はピンとしているものが新鮮です。太さが均一で傷や黒ずみがないものをえらびましょう。

 

 

 

 

●栄養

 さやいんげんは緑黄色野菜でβ―カロテンが多く含まれているため、皮膚や粘膜の健康維持、免疫力アップに役立ちます。油やごまを使った料理と合わせるとβ―カロテンの吸収率がアップします♪

 また、摂りすぎた塩分を排泄するカリウムもたっぷりなので、むくみ対策にもおすすめです。

そのほかビタミンB群、アスパラギン酸など疲労回復効果の高い栄養素がたっぷり含まれ、夏バテ防止にもなるので夏の身体づくりにうってつけですよ!

 

 

 さやいんげんに含まれる栄養は、群を抜いた多さはありませんが、比較的バランスが良いです。ごま和え、炒め物など手軽に調理できるので、夏の食卓に積極的に並べてみてはいかかでしょうか。


前へ  一覧に戻る  次へ

  • MIHARA'S Kitchen
  • 診療時間
  • 費用一覧
  • 用語集
  • 数字で見る身原病院
  • お部屋のご紹介
  • 当院ではオンライン診療を実施しています。スマホで診察 curon

COPYRIGHT © 京都産婦人科 身原病院 All rights reserved.

診療受付時間
【月.水.金】9:00-12:00/6:00-8:00
【火.木.土】9:00-12:00
休診日/日祝日